DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「ネコナデ」劇場版

劇場版ネコナデ
ネコナデ
原題       劇場版ネコナデ
製作国     日本
初公開年度   2008年
上映時間    85分
ジャンル    ドラマ/アニマル

監督     大森美香
出演者    大杉漣(鬼塚太郎)      青山倫子(君島凛子)
         黒川芽以(田中亜里沙)  入山法子(久我珠代)
        立花彩野(長島道子)    桜井聖(鈴木一郎)
        海東健(西条康文)      EMI(益田トモヨ)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一流企業の人事部長、鬼塚太郎は、自分にも他人にも厳しい堅物の企業人間。会社のためには非情な人事も厭わない冷酷な人物と恐れられていた鬼塚だったが、秘かに胃痛に苦しむ日々。そんなある晩、彼は公園でダンボールに入った子ねこを発見する。あまりの愛くるしさに、思わず自宅前まで連れ帰ってしまった鬼塚。しかし、これまで自らペット禁止と言ってきた手前、家族に打ち明けるわけにもいかず、悩んだ末に、会社の研修用施設の一室でこっそり飼い始めるのだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


監督は「デトロイト・メタル・シティ」「2番目の彼女」などの脚本も手掛ける大森美香。子猫に翻弄される主人公を『築地魚河岸三代目』の大杉漣が熱演する。主演猫は生後2ヵ月のスコティッシュフォールド「トラ」ちゃん。

とりあえず、ありえない設定なんでしょっぱなから驚きだった。間違ってもスコティッシュフォールド(猫の血統書)は捨てられないし、捨てられてもすぐ拾われるはず。可愛い猫を映したかったのかもしれないけれど、現実味が無さ過ぎて少し白けてしまった。茶トラの大人しい子で、すごい可愛らしいのは、まぁ、認めよう・・・。

猫を飼ったことがない、堅物人間が子猫を拾って育てる・・・コンセプトはとても良かった。「ん?なんか面白そうだな」と思わせるだけのキャッチフレーズがそこにはあった。しかも、猫好きには猫を扱った映画はたまらない。しかも2ヶ月の子猫。狙った感丸出しだけど、まんまと引っかかってしまったのは事実。現実味を取るか、猫の可愛さを取るか・・・難しいところ。

物語の筋が思っていたよりしっかりしていて、人間ドラマも濃かった。猫メインではなく、あくまで「猫に振り回される」人間を描いている。猫をふんだんに使った映画を期待している人にとっては少し物足りないかもしれない。そんなに、猫ネコしていないから。ポン太も、画面に猫いっぱいを期待していたのでちょっと、と言うかかなり残念だった。

猫を飼ったことがないという設定からか、たくさんの猫グッズを買ってしまっているところでは笑ってしまった。あとは猫がいなくなってしまった時に、広範囲を探していたところ。猫は用心深いのでそう遠くへは行かない。しかし、素人がそこまで分かるはずがないから探してしまう・・・そこまで考えて脚本を書かれたんであれば、なかなか深いなぁと思うけれど、どうなんだろう。でもこれを書いた脚本家の方は、猫はあまり好きではないような気がした。見せ方が下手だから。(もしかしたら、見せるつもりはなかったのかも?)

思わずツッコんでしまうマイナス箇所がいくつか。清掃業者・・・猫グッズがあれだけあれば、分かりそうなものなのに。しかも置いてある物を勝手に片してしまうなんて、あるんだろうか?後は、仕事時、しかも会議中に携帯をいじくる、中途採用者へのスパルタを通り越した意味のないイジメ研修。おいおい・・・と少し引いてしまった。本当にこんな会社あるのだとしたら、変な会社としか言いようがない。

隣で猫をこっそり飼ってる設定や、会社を辞めた姉が実は鬼塚を好きだった・・・とか、もっと膨らませられる要素がたくさんあったのに、何一つ生かしきれてない。要は、詰め込み過ぎ。細かく設定したつもりが、濃すぎて設定に振り回されて、肝心のキャラや猫が全然生きていない。なんとな~くしか、伝わってこない・・・。かっこいいラストも、そこまでのことか?と問いたくなる程いきなりで驚いた。主人公である鬼塚の心理状況がほとんど伝わってこないためだろう。

まぁ後は、仕方ないと言うのか・・・画面が暗かった。何を撮ってるのかよく分からなくて、カメラアングルも決して良いと言えなかった。映画の出来云々の以前の問題かもしれない。話の筋は良かったし演技自体は良かったので、非常に残念な「モッタイナイ」作品。

ちなみに、「トラ」ちゃん、撮影が終わってから大杉家で可愛がられているとのこと。作品中だけでなく、本当にメロメロになっていたんだなぁ!


☆ネコナデオフィシャルブログ
  http://blog.nekonade.info/
  出演猫の「トラちゃん」のムービー多数有り☆

☆癒やし占い「ネコナデ」フォトブック

映画公式フォトブック
鬼塚トラの可愛い写真が満載
励ましのような言葉たちが魅力的
価格 1,050円(税込み)
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

アニマル          | コメント:0 | トラックバック:0
<<ずっと雨・・・雨・・・ | ホーム | 「アイ・アム・レジェンド」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。