DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「プラダを着た悪魔」

プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔


原題       THE DEVIL WEARS PRADA
製作国     アメリカ
初公開年度  2006年
上映時間    110分
ジャンル     コメディ/ドラマ
受賞       全米批評家協会賞(助演女優賞)
          ゴールデン・グローブ(女優賞・コメディ/ミュージカル)
         
監督       デヴィッド・フランケル
出演者     メリル・ストリープ(ミランダ・プリーストリー)
          アン・ハサウェイ(アンドレア・サックス)
          エミリー・ブラント(エミリー)
          スタンリー・トゥッチ(ナイジェル)
          エイドリアン・グレニアー(ネイト)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジャーナリストを目指してN.Yへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。オシャレに疎いアンディは、それが次へのステップになればという程度に考えていた。だから、その仕事がいかに大変かもまるで分かっていなかった。編集長こそ、その絶大な影響力に誰もが恐れおののくファッション界のカリスマだった!朝も夜もなく四六時中浴びせられる理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。恋人ネイトともすれ違いが続いてしまう。こうして、早くもくじけそうになるアンディだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★★☆  4つ星


ファッション誌「ヴォーグ」の元アシスタント、ローレン・ワイズバーガーが書いたベストセラーの暴露本を映画化したおしゃれなコメディ・ドラマ。ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような上司に振り回されながらも恋に仕事に奮闘する姿をユーモラスかつ等身大で描き出す。

一流ファッション誌というコンセプトもあり、出てくる小物や建物、服などが美しい!一見して良質のものだと判る。おしゃれに敏感な女性なら、目が輝くかもしれない。
 
そして「プラダを着た悪魔」こと鬼編集長ミランダの怖さをうまく演出している。最初にミランダが到着するところから始まるのだが、一瞬にして皆が慌てだし、急いで身の回りや身なりを整えだす。それがとてもあわただしくて、その分「悪魔」への恐怖が伝わってきてとても効果的だった。

その後すぐにミランダの長い長いセリフ。間をおかずにすべて言い切り、時間にとても厳しい・命令が的確で早いなど、「仕事が出来る」と一瞬で印象づけられてしまった。設定した脚本家もそうだけど、言い切ったメリル・ストリープもさすが。小声でゆっくりしゃべってるのに、その迫力はすさまじい。辛辣すぎて気持ち良いくらい。

展開が目まぐるしく変わり、仕事の忙しさを表している。アシスタントと言っても雑用はもちろん、電話番やコーヒー係、娘の双子の世話、はたまた犬の散歩まで仕事の内。最初は全くできなかった仕事が、鍛えられだんだんスマートに出来ていくようになるのは見ていて気持ち良い!普通の人なら一日と持たないんではないかな・・・。

アンドレアは地味でファッションに興味がないという設定だけど、一見すると普通の格好。庶民の見方だからかも知れないが。しかし鬼編集長などからは「ダサい」と烙印を押される。すると、だんだんダサく見えてくるから不思議・・・。

アンドレアがミスをしてへこんだ時、ミランダの片腕ナイジェルのアドバイス(?)「君は努力していない。自分は努力していると愚痴っているだけだ。」という言葉、正直、耳が痛かった。(笑)そしてこのナイジェル役のスタンリー・トゥッチの演技が絶妙!ところどころでの彼の言葉が、アンドレアの心を大きく動かし考えさせる働きになっている。私生活をかえりみなくて友人や恋人を失いそうな時、「全私生活が崩壊するよ。昇進の時期だ」。仕事と私生活との狭間で悩んでいる時、この言葉は重いかもしれない。

仕事を頑張れば頑張るほど、世話になった先輩秘書や恋人を傷つけてしまう生活に疑問を持ち続けるアンドレア。そんな中、ミランダも同じように大切な人を傷つけ裏切るさまを目の当たりにしてしまう。ミランダの中に将来の自分が見えてしまったアンドレア・・・。

「この世界に誰もが憧れているのよ」というミランダの言葉で決心がつき、仕事を辞めたアン。結局ミランダの生活や位置に魅力を感じられなかったんだと思う。大事なものが決定的に違う。そう感じたのかもしれない。最後のミランダとアンの微笑みはとても深い感情をうかがわせるものだった。

テンポが良く、最後まで飽きさせない作品のつくりで魅了されてしまった。

何が正しいか正しくないかではなく、その人にとって何が一番より大事かという違いだけなのだ・・・と再認識させてくれる映画だった。


ちなみに・・・

ブランド生活と真反対の彼氏の「女はバッグ持ちすぎ、一つで十分」という意見は男性ならば賛成の人が多いんではないだろうか。そしてこの彼氏、自分との時間を作らないアンドレアを許せない。女々しいと感じる人もいるかもしれないが、アメリカなどでは仕事第一の人間の方が少ない。むしろ友人や家族との時間を大切にする人ばかり。この彼氏の考え方の方が一般的なのだ。それでも、頑張って成長した彼女を多少認めてやれよという気もしないでもないが。

よって、仕事第一の人間や多くの男性にはアンドレアは共感されにくいかもしれない。・・・というよりも、ミランダ的考えという方が正しいかも。風邪をひいたエミリーに「健康管理ができてない」と考える人はミランダ的仕事優先な考えとしてよい。アメリカでは(建前とかでなく)病気休暇で年5日休める。それは、人間は年間平均して5日は病気になるという統計からきているものだからだ。

こういう仕事への捉え方でこの作品への評価は変わるかもしれない。男女ともに楽しめるけれど、より女性が、女性の中でも私生活か仕事かで悩んでいる人が、より楽しめるのではないかと思う。


ところで・・・・これって、コメディか・・・?


追加余談・ヒロインのアン・ハサウェイは、映画前に足の指を骨折した中、撮影は行われたらしい。その気力は素晴らしい!あんな先がきつい靴ばかりで、痛かったなずなのに。プロ意識の高さに脱帽。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメディ           | コメント:0 | トラックバック:0
<<「モーツァルトとクジラ」 | ホーム | 「紀元前1万年」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。