DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「アイ・アム・レジェンド」

アイ・アム・レジェンド
アイ・アム・レジェンド
原題       I AM LEGEND
製作国     アメリカ
初公開年度  2007年
上映時間   100分
ジャンル    SF/アクション
受賞      MTVムービー・アワード
        (男優賞)

監督      フランシス・ローレンス
出演者     ウィル・スミス(ロバート・ネビル)   
          アリシー・ブラガ(アナ)
          ダッシュ・ミホク(アルファ・メイル)
          チャーリー・ターハン(イーサン)
         サリー・リチャードソン(ゾーイ・ネビル)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション」。監督は「コンスタンティン」など手がけるフランシス・ローレンス。自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。無人と化したニューヨークを背景に、希望と絶望が混在する究極の孤独の中で使命感に燃える科学者の姿を描いている。

誰もいなくなった廃墟と化したニューヨークの描写が素晴らしかった!一体、どうやって作ったのだろうと思わせてくれた。草が生え無人の車が並ぶ道路をカーチェイスかのように走るシーンは快感すら覚えたほど。丁寧に描かれていて、一つ一つが大事に作りこまれているのがよく分かった。

愛犬のサムにも好感が持てた。ともすれば人間味が無く、研究と生活に追われるだけのネビルを人間くさくしてくれたのはサムだった。そのサムの名演技も一役かってたように思う。サムのラストは、写していないのに何をしているのかネビルの顔から伝わってきて、同じように辛くなってしまった。これで本当に一人になったと感じたことだろう・・・。

太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味なゾンビ達、‘ダーク・シーカーズ’(と、言うらしい・・・ネーミングは必要だったのか!?)の脅威と闘いながら、どうにかして元の人間に戻すことができないかと模索し研究し続けるネビル。研究は生け捕ったゾンビで行われていた。その生け捕ったゾンビが事の発端で、ゾンビたちを統率する親玉の怒りを買ってしまった。

ゾンビ物としても割りと面白かった。まずまぁ全力ダッシュはもう当たり前になったけど、頭を使った頭脳戦をしかけてくるゾンビの親玉を作ったのも、目新しいかと思う。気に入っていたマネキンが街を移動していた様などは、一瞬鳥肌が立ってしまった。正直驚いた・・・。

ゾンビに感情を持たせたように見せ、ただのゾンビ映画にしたくなかったように見受けられた。生け捕った女性のゾンビ、これは親玉の妻かなんかだったのだろうか。光を恐れず女性のためにギリギリまでネビルを追いかけてきたので、ネビルを恨み戦いを仕掛けるために何か意味を持たせたかったのかもしれないと感じた。

そこまでは良かったのだけれど、子供付きの女性が現れてからが微妙だった。まず、2人だけで生きてきたのにもかかわらず、ゾンビの対処法がぞんざい。出てくるゾンビもCGばかり使っていて、動きの不自然さが目立った。家の強度も全くで、今までもっていたのが不思議だった。

どうも尻下がり感が否めない。スケールが大きかっただけに、最後があっけなく感じた。生存者の村があっても、何故今まで無線で応答してこなかったのか不思議だし、女子供だけでよくたどり着いたなぁとご都合主義が目立ってしまった。今まで良かっただけに、非常にもったいなく感じてしまう。ウィル・スミスの演技力で映画の質が上がっているような気がする。

総合的にまぁまぁ面白かった・・・くらい。ゴルフのシーンは楽しくて意外で面白かったし、ポン太もぜひしてみたかった。でも絶望的な状況を楽しめるとは到底思えないので、叶わないが・・・。映画のうたい文句を見て観た人にとっては、期待ハズレかもしれない。伝説ではあるけれど、地球最後の男ではないから。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

SF/ファンタジー     | コメント:0 | トラックバック:0
<<「ネコナデ」劇場版 | ホーム | 「SNOW ANGELS」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。