DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

プルーフ・オブ・マイ・ライフ
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
原題       PROOF
製作国      アメリカ
製作年度     2005年
上映時間     103分
ジャンル     ドラマ/ラブ・ストーリー
受賞        ゴールデングローブ賞
           (女優賞・ドラマ)


監督   ジョン・マッデン
出演者  グウィネス・パルトロー(キャサリン)
        ホープ・デイヴィス(クレア)
       アンソニー・ホプキンス(ロバート) 
       ジェイク・ギレンホール(ハロルド・ドブス=ハル)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天才的な数学の才能の持ち主であるロバートは5年前から精神のバランスを崩してしまい、娘のキャサリンはたった一人で看病を続けてきた。しかしキャサリンの願いも空しくロバートは一週間前に亡くなる。悲嘆に暮れるキャサリンのもとにロバートのかつての教え子、ハルが現われる。いつしか2人は恋に落ちる。そんな矢先、ハルはロバートのデスクから一冊のノートを見つけ出す。そこにはなんと、これまで誰も成し得なかったある定理の証明が記されていた。しかし、興奮するハルに対しキャサリンは、それは自分が書いたものだ、と思いがけない言葉を発するのだった…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★★☆ 4つ星

デヴィッド・オーバーンのピュリッツァー賞受賞の舞台劇を「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督、グウィネス・パルトロー主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ドラマ。

数学は嫌いな類であるが、この映画はそんな人にも安心して観ることができる映画で、安心した。最後まで観た感想は、「おそらくこれはハッピーエンドである」という事だった。おそらく・・・がついてしまうのは、スタートラインの近くまで戻ったと思われるから。正確には、螺旋状の人生の中で、スタートラインに似たところに行き着いた・・・と言うべきか。


ところどころで過去に戻るけれど、違和感なく入っていけて、撮り方も編集の仕方も非常に上手かった。説明的ではないのにすんなり頭に入ってきて心地よかった。映像自体も明るく、見やすくて好感が持てた。最近は何があるのか分からないくらい暗いものが多いので、見えなくてイライラしていたから。映像・演出・キャスティング・ストーリーなどは一流と言って良いと思う!

「ゲーム理論」や「代数幾何学」などの数学において、天才的な頭脳を持っていたアンソニー・ホプキンス演じる、ロバート。演技はさすがで、娘を持つ父を、そして病的な男を見事に演じている。そしてゴールデングローブ賞でドラマ部門の女優賞を取ったグウィネス・パルトローの演技も素晴らしかった!何故か、最初から最後まで目が離せなかった。詰め込み過ぎてるんじゃなく、いい感じで内容が詰まっていて、最後まで緊張しながら観れた。

病的なキャサリンは、最初はとっつきにくく、見ていてイライラするキャラだった。人の好意を無下にするような。けれど次第に、いつの間にか、好意を抱いた自分がいた。・・・本当にいつからなのかわからなかった。緩やかに好きになるように仕向けられたのかもしれない。

最後には姉に噛み付く妹を応援していた。葬儀でのコメントも爽快だった!!「死んで幸いよ」看取った人にしか言えないセリフなど。でも、妹は自分のことでいっぱいいっぱいだったけれど、姉も少なからず悩んでいたのではないかと思う。天才的な頭脳は持たず、病的にメモを取るところだけ父に似た苦悩などあったかもしれない。

5年間、病気の人の面倒を見るのはすごく大変で、精神病者であれば看病している方も病んでいってしまう、やっかいなもの。それを娘とはいえ、一人で看病するのは労力がいったろうと思う・・・大学も中退してしまい、2人きりの生活の中、堕落していくキャサリン。そんな姿を見て父は「時間を有効に活用せよ」と渇を入れる。それがきっかけで素数の偉大な証明(=プルーフ)に取り組みだすキャサリン。水を得た魚のように生き返り、ノートに書き綴っていった。

出来上がった証明を「父が理解できるはずがない・・・」キャサリンの思ったことは想像するに容易い。そして、今まで尊敬してきた父が本当にいなくなってしまったと感じたのかもしれない。親の老いは辛い。尊敬していたら尚更に。いずれ自分がなるであろう姿が重なってしまうこともある。5年間の間で1年だけ正気になった父だったが、結局元には戻っていなかったというショックは大きかったと思われるし、画面からすごく伝わってきて悲しかった。

しかし、父を良い意味で乗り越えることが出来たからこそ、ラストはああいう形になったのかなと思う。「証明=プルーフ」がない事柄に対して、直接証明するよりは、その形作っている1つ1つを証明していけば、それが一番近道になる、遠回りを防げるという事。


何事もそう。1つ1つ、それが一番大事だというコンセプトだと感じた。


しかし・・・23歳が人間の頭脳のピークと言うのは本当なんだろうか?
だとすると、余裕で下り坂なんだけど・・・正直、凹んだ↓↓
脳トレでもしようかな、どうせ1ヶ月も持たないけどね・・・。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ドラマ            | コメント:0 | トラックバック:0
<<「パズラー2 リターン・オブ・マッドネス」 | ホーム | ずっと雨・・・雨・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。