DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

プルーフ・オブ・マイ・ライフ
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
原題       PROOF
製作国      アメリカ
製作年度     2005年
上映時間     103分
ジャンル     ドラマ/ラブ・ストーリー
受賞        ゴールデングローブ賞
           (女優賞・ドラマ)


監督   ジョン・マッデン
出演者  グウィネス・パルトロー(キャサリン)
        ホープ・デイヴィス(クレア)
       アンソニー・ホプキンス(ロバート) 
       ジェイク・ギレンホール(ハロルド・ドブス=ハル)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天才的な数学の才能の持ち主であるロバートは5年前から精神のバランスを崩してしまい、娘のキャサリンはたった一人で看病を続けてきた。しかしキャサリンの願いも空しくロバートは一週間前に亡くなる。悲嘆に暮れるキャサリンのもとにロバートのかつての教え子、ハルが現われる。いつしか2人は恋に落ちる。そんな矢先、ハルはロバートのデスクから一冊のノートを見つけ出す。そこにはなんと、これまで誰も成し得なかったある定理の証明が記されていた。しかし、興奮するハルに対しキャサリンは、それは自分が書いたものだ、と思いがけない言葉を発するのだった…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★★☆ 4つ星

デヴィッド・オーバーンのピュリッツァー賞受賞の舞台劇を「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督、グウィネス・パルトロー主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ドラマ。

数学は嫌いな類であるが、この映画はそんな人にも安心して観ることができる映画で、安心した。最後まで観た感想は、「おそらくこれはハッピーエンドである」という事だった。おそらく・・・がついてしまうのは、スタートラインの近くまで戻ったと思われるから。正確には、螺旋状の人生の中で、スタートラインに似たところに行き着いた・・・と言うべきか。


映画論 続き 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ドラマ            | コメント:0 | トラックバック:0

ずっと雨・・・雨・・・

この間から、近畿西部では雨ばかり。
いつのまに梅雨に突入したのか、ポン太だけ知らなかったのか?(-"-;)

しかも地震が度々あり、ビビりなんでガスの元栓とストーブを切って、準備していた(何の?)。
正直怖いし、いざとなったら窓から出なきゃ間に合わない。
神様、死ぬときは一瞬でお願いしますとしか言いようがない・・・怖い・・・。


映画論 続き 続きを読む

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

雑多な日記        | コメント:0 | トラックバック:0

「ネコナデ」劇場版

劇場版ネコナデ
ネコナデ
原題       劇場版ネコナデ
製作国     日本
初公開年度   2008年
上映時間    85分
ジャンル    ドラマ/アニマル

監督     大森美香
出演者    大杉漣(鬼塚太郎)      青山倫子(君島凛子)
         黒川芽以(田中亜里沙)  入山法子(久我珠代)
        立花彩野(長島道子)    桜井聖(鈴木一郎)
        海東健(西条康文)      EMI(益田トモヨ)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一流企業の人事部長、鬼塚太郎は、自分にも他人にも厳しい堅物の企業人間。会社のためには非情な人事も厭わない冷酷な人物と恐れられていた鬼塚だったが、秘かに胃痛に苦しむ日々。そんなある晩、彼は公園でダンボールに入った子ねこを発見する。あまりの愛くるしさに、思わず自宅前まで連れ帰ってしまった鬼塚。しかし、これまで自らペット禁止と言ってきた手前、家族に打ち明けるわけにもいかず、悩んだ末に、会社の研修用施設の一室でこっそり飼い始めるのだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


監督は「デトロイト・メタル・シティ」「2番目の彼女」などの脚本も手掛ける大森美香。子猫に翻弄される主人公を『築地魚河岸三代目』の大杉漣が熱演する。主演猫は生後2ヵ月のスコティッシュフォールド「トラ」ちゃん。

とりあえず、ありえない設定なんでしょっぱなから驚きだった。間違ってもスコティッシュフォールド(猫の血統書)は捨てられないし、捨てられてもすぐ拾われるはず。可愛い猫を映したかったのかもしれないけれど、現実味が無さ過ぎて少し白けてしまった。茶トラの大人しい子で、すごい可愛らしいのは、まぁ、認めよう・・・。

映画論 続き 続きを読む

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

アニマル          | コメント:0 | トラックバック:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。