DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「アイ・アム・レジェンド」

アイ・アム・レジェンド
アイ・アム・レジェンド
原題       I AM LEGEND
製作国     アメリカ
初公開年度  2007年
上映時間   100分
ジャンル    SF/アクション
受賞      MTVムービー・アワード
        (男優賞)

監督      フランシス・ローレンス
出演者     ウィル・スミス(ロバート・ネビル)   
          アリシー・ブラガ(アナ)
          ダッシュ・ミホク(アルファ・メイル)
          チャーリー・ターハン(イーサン)
         サリー・リチャードソン(ゾーイ・ネビル)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション」。監督は「コンスタンティン」など手がけるフランシス・ローレンス。自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。無人と化したニューヨークを背景に、希望と絶望が混在する究極の孤独の中で使命感に燃える科学者の姿を描いている。

誰もいなくなった廃墟と化したニューヨークの描写が素晴らしかった!一体、どうやって作ったのだろうと思わせてくれた。草が生え無人の車が並ぶ道路をカーチェイスかのように走るシーンは快感すら覚えたほど。丁寧に描かれていて、一つ一つが大事に作りこまれているのがよく分かった。

映画論 続き 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

SF/ファンタジー     | コメント:0 | トラックバック:0

「SNOW ANGELS」

SNOW ANGELS
スノーエンジェル

原題       SNOW ANGELS
製作国      アメリカ
初公開年度   2007年(未公開)
上映時間    107分
ジャンル      ドラマ
注意       字幕のみ

監督     デヴィッド・ゴードン・グリーン
出演者   ケイト・ベッキンセイル(アニー) エイミー・セダリス(バーブ)
        サム・ロックウェル(グレン) マイケル・アンガラノ(アーサー)
        オリヴィア・サールビー(ライラ) ニッキー・カット(ネイト)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アーサーは高校のマーチング・バンドでトロンボーンを吹き、学校のない時は地元の中華料理屋でアルバイトしている平凡な高校生。そんなアーサーが恋に落ちる。相手は利発でキュートな転校生のライラ。ライラもアーサーを意識しているのは間違いないのだが、彼のアルバイト先の同僚でありベビーシッターでもあったアニーが、高校時代の恋人と結婚し失敗しているのを目の当たりにしているため、どうしても自分の気持ちに素直になれない。そんな時、ある事件が起き・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度   ★★★★☆ 4つ星


スチュアート・オナンの同名小説を映画化したもの。劇場未公開作品でありながらにして完成度の高い作品。「最高の作品!」と絶賛までされている。字幕のみで、少々過激なシーンもあるので大人向けに作られていると言ってもいいかもしれない。

最初はタイトルからして、ほのぼのした家族ドラマの作品かと思っていたが、けっこう初っ端から裏切られた。複雑な人間関係を理解するまで時間がかかったけれど、理解するとドロドロした人間模様など、はっきり見えてきてそれからはドキドキしっぱなしであった。ただ、最初は主要な人がどれなのかよく分からず混乱してしまった。

映画論 続き 続きを読む

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

ドラマ            | コメント:0 | トラックバック:0

「モーツァルトとクジラ」

モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラ
原題       MOZART AND THE WHALE
製作国      アメリカ
初公開年度   2007年
上映時間    94分
ジャンル     ラヴ・ストーリー


監督    ペッター・ネス
出演者   ジョシュ・ハートネット(ドナルド)  ゲイリー・コール(ウォーレス)
        ラダ・ミッチェル(イザベル)     シーラ・ケリー(ジャニス)
        ジョン・キャロル・リンチ(グレゴリー)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一見普通の青年ドナルド。しかし、彼はアスペルガー症候群という障害を抱え、数字に関しては天才的な才能を持っていたが、数字に固執するあまり平穏な日常生活を営むことが出来ずにいた。それでも同じような障害を持つ仲間たちとサポートグループをつくり定期的に集会を開くなど、社会に適応できる力を付けようとがんばっていた。そこに新たなメンバーとして美容師のイザベラが参加する。思ったことをそのまま口にしてしまう自由奔放な彼女は、ドナルドとはまるで正反対の性格ながら、やはり同じように悩みを抱えていた。ドナルドはそんな彼女にたちまち魅了され、一方のイザベラも誠実なドナルドに好意を抱くようになるのだが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


脚本は「レインマン」を手がけたロン・バス、ノルウェー人監督ペッター・ネスが映画化。本作のモデル、ジェリー・ニューポートも監修に参加。主演は「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」の人気俳優ジョシュ・ハートネットと「フォーン・ブース」「メリンダとメリンダ」「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル。

アスペルガー症候群(アスペルガー障害)を扱った数少ない希少な映画。まだあまり認知されていないこの障害を、世に知らせるいいきっかけになったかもしれない。しかし、あまり障害については深く掘り下げてはいない。入り込みやすくするためかもしれないが・・・。

映画論 続き 続きを読む

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ラヴ・ストーリー     | コメント:0 | トラックバック:0

「プラダを着た悪魔」

プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔


原題       THE DEVIL WEARS PRADA
製作国     アメリカ
初公開年度  2006年
上映時間    110分
ジャンル     コメディ/ドラマ
受賞       全米批評家協会賞(助演女優賞)
          ゴールデン・グローブ(女優賞・コメディ/ミュージカル)
         
監督       デヴィッド・フランケル
出演者     メリル・ストリープ(ミランダ・プリーストリー)
          アン・ハサウェイ(アンドレア・サックス)
          エミリー・ブラント(エミリー)
          スタンリー・トゥッチ(ナイジェル)
          エイドリアン・グレニアー(ネイト)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジャーナリストを目指してN.Yへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。オシャレに疎いアンディは、それが次へのステップになればという程度に考えていた。だから、その仕事がいかに大変かもまるで分かっていなかった。編集長こそ、その絶大な影響力に誰もが恐れおののくファッション界のカリスマだった!朝も夜もなく四六時中浴びせられる理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。恋人ネイトともすれ違いが続いてしまう。こうして、早くもくじけそうになるアンディだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★★☆  4つ星


ファッション誌「ヴォーグ」の元アシスタント、ローレン・ワイズバーガーが書いたベストセラーの暴露本を映画化したおしゃれなコメディ・ドラマ。ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような上司に振り回されながらも恋に仕事に奮闘する姿をユーモラスかつ等身大で描き出す。

一流ファッション誌というコンセプトもあり、出てくる小物や建物、服などが美しい!一見して良質のものだと判る。おしゃれに敏感な女性なら、目が輝くかもしれない。
 
映画論 続き 続きを読む

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメディ           | コメント:0 | トラックバック:0

「紀元前1万年」

紀元前1万年
紀元前1万年


原題       10,000BC
製作国     アメリカ/ニュージーランド
初公開年度  2008年
上映時間    109分
ジャンル    SF/アドベンチャー

監督      ローランド・エメリッヒ
出演者     スティーブン・ストレイト(デレー)
         カミーラ・ベル(エバレット)
         クリフ・カーティス(ティクティク)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類とマンモスとが共存する紀元前1万年の世界。狩猟部族のデレーは
若きリーダーへと成長し、幼い頃から想いを寄せていた美しいエバレットを
ついに射止める。そんなある時、彼の村が正体不明の一味による急襲に
遭い、多くの村人に加えてエバレットまでもさらわれてしまう。そこでデレー
は彼女たちを救うため、仲間と共に一味の跡を追うことに。そして彼らは、
獰猛な野獣との死闘など過酷な道程を経て、ある広大な文明の地へ辿り
着く。そこは巨大なピラミッドがそびえ立ち、何万もの人々が奴隷として休
むことなく働き、“大神(おおかみ)”と呼ばれる絶大な権力者によって完全
に支配されていた…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★☆☆☆☆ 1つ星


「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」の監督が、紀元前1万年の世界を舞台に、囚われの身となった愛する女性を救うべく冒険を繰り広げる若者たちの姿を描いた作品。出演は「スカイ・ハイ」のスティーヴン・ストレイト、「ストレンジャー・コール」のカミーラ・ベル。 

とにかく、ふんだんにCGが使われている。背景やマンモス(=マナク)など、一見してどこからどこまでCGか判らないところも。ヘリを使っているのか全てCGなのか、見分けがつかない。小物も凝っていて、小さなものまで作りこまれているのが分かる。


映画論 続き 続きを読む

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

SF/ファンタジー     | コメント:0 | トラックバック:0

「もののけ姫」

もののけ姫
もののけ姫


原題      PRINCESS MONONOKE
製作国    日本
初公開年度 1997年
上映時間   133分
ジャンル   スタジオジブリ作品/アニメーション
受賞     日本アカデミー賞 (作品賞・協会特別賞 )
        ブルーリボン賞 (特別賞)
     
監督     宮崎駿
声優     松田洋治 (アシタカ)      小林薫 (ジコ坊)
        石田ゆり子 (サン/カヤ)    美輪明宏 (モロの君)
        田中裕子 (エボシ御前)    西村雅彦 (甲六)etc・・・
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより「タタリ神」と化した猪神から
呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、
西方の地で「タタラ」の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄
を造り続けていたが、それは同時に神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に、森を守るため戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は「もののけ姫」と呼ばれていた…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度   ★★★★★ 5つ星


自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿監督の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替えるほど大ヒットとなった作品で有名。
 
独特の世界観で、屋久島がモデルだけあって自然の美しさは際立っている。背景の書き込みもハンパない。一つひとつ、丁寧に描かれているのがよく分かる。
カット数が他作品より多く、より細やかな動きで躍動感がある。またCGを使って、人物をより立体的に見せ距離感を出すなど時代を先駆けていた。

率直な感想はと言うと・・・「良くできた作品」だと思う。脚本までオリジナルでここまで完成度が高い作品を仕上げた、宮崎監督はやっぱりすごいと思ってしまった。ファンタジーで、入り込みやすく、なおかつ矛盾がないものを作ろうと思うと、大変だから。


映画論 続き 続きを読む

テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画

スタジオジブリ      | コメント:0 | トラックバック:0

初めまして、ポン太です。

初めまして、ポン太という者です。
映画&DVDの批評や感想などを書いていきたいと思っております。
かんなりのマイペースになる上に、新旧入り乱れる更新内容になると思われます。
映画の好みは、サスペンスや恋愛、ドラマなどです。
好みが偏っているし、大したことは書いておりませんが覗いてくださると嬉しいです。

雑多な日記        | コメント:0 | トラックバック:0

Google Adnsenseに関するプライバシーポリシー

「DVD-映画論」では、Google社の提供するAdnsense広告サービスを利用しています。Google Adnsenseは、当サイトや他のAdnsense広告を利用するサイト、またはGoogle社の提供する他のサービスで集めたCokkie情報を収集することにより、よりユーザーの関心の高い商品やサービスの広告を表示します。

このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

また、GoogleAdnsense広告のCookieとプライバシーに関するポリシーはこちらをご覧ください。

更新:2009年4月8日

プライバシーポリシー | コメント:0 | トラックバック:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。