DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「パズラー2 リターン・オブ・マッドネス」

パズラー2 リターン・オブ・マッドネス
パズラー2 リターン・オブ・マッドネス
原題     HYPNOS/HIPNOS
製作国    スペイン
製作年度  2004年
上映時間  90分
ジャンル  サスペンス/ドラマ
受賞     ブリュッセル国際ファンタジー
        映画祭
       (ヨーロピアン・ファンタジー・
        フィルム部門)


監督  デヴィッド・カレラス
出演者 クリスティーナ・ブロンド(ベアトリス)  デミアン・ビチル(ミゲル)
      フェオドール・アキトン(サンチェズ)  ユリアン・ビラグラン(ウロア)
      マリソル・メンブリロ(エレナ)   ナタリア・サンチェス(少女)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若く美しい女性神経科医ベアトリスの新たな勤務地は、海辺の精神病院だった。そこで彼女は、母親を目の前で惨殺されたために心を閉ざしているひとりの少女と出会う。だが少女は主治医サンチェズ博士の自殺をほのめかすセラピーの直後、本当に自殺してしまった。サンチェズの治療方針に疑問を抱くベアトリスに、Mと呼ばれる正体不明の患者が囁きかける。自分は、この病院で頻繁に起きている自殺の謎を解くために潜入した刑事であり、サンチェズは次にベアトリスを洗脳の対象として狙っているのだと…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自己評価度  ★★☆☆☆ 2つ星


荘厳な精神病院を舞台に、現実と妄想が交錯する世界に取り込まれていく神経科医の恐怖を描いたサイコ・スリラー。邦題は「2」となっているが、ドイツ映画である「パズラー」とは一切関係はない。ジャヴィエ・アズペイティアの原作を新鋭デヴィッド・カレラスが映画化したスペイン映画。

まず邦題がいけていない。これは映画配給会社が悪い・・・。「パズラー」とジャンルすら違うから、気になって手に取った人もがっかりすると思う。これは「精神病患者」のお話だから・・・。トータルで観た感じは最初と最後が悪くて、中身が良かった感じ。だからせっかくの作品がちょっともったいないことになってしまっている。コンセプトや構想は良かったのにな・・・。


映画論 続き 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画

サスペンス/スリラー  | コメント:0 | トラックバック:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。