DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「アイ・アム・レジェンド」

アイ・アム・レジェンド
アイ・アム・レジェンド
原題       I AM LEGEND
製作国     アメリカ
初公開年度  2007年
上映時間   100分
ジャンル    SF/アクション
受賞      MTVムービー・アワード
        (男優賞)

監督      フランシス・ローレンス
出演者     ウィル・スミス(ロバート・ネビル)   
          アリシー・ブラガ(アナ)
          ダッシュ・ミホク(アルファ・メイル)
          チャーリー・ターハン(イーサン)
         サリー・リチャードソン(ゾーイ・ネビル)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション」。監督は「コンスタンティン」など手がけるフランシス・ローレンス。自分以外の生存者を探す科学者が人類再生の道を模索する姿を描く。無人と化したニューヨークを背景に、希望と絶望が混在する究極の孤独の中で使命感に燃える科学者の姿を描いている。

誰もいなくなった廃墟と化したニューヨークの描写が素晴らしかった!一体、どうやって作ったのだろうと思わせてくれた。草が生え無人の車が並ぶ道路をカーチェイスかのように走るシーンは快感すら覚えたほど。丁寧に描かれていて、一つ一つが大事に作りこまれているのがよく分かった。

映画論 続き 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

SF/ファンタジー     | コメント:0 | トラックバック:0

「紀元前1万年」

紀元前1万年
紀元前1万年


原題       10,000BC
製作国     アメリカ/ニュージーランド
初公開年度  2008年
上映時間    109分
ジャンル    SF/アドベンチャー

監督      ローランド・エメリッヒ
出演者     スティーブン・ストレイト(デレー)
         カミーラ・ベル(エバレット)
         クリフ・カーティス(ティクティク)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類とマンモスとが共存する紀元前1万年の世界。狩猟部族のデレーは
若きリーダーへと成長し、幼い頃から想いを寄せていた美しいエバレットを
ついに射止める。そんなある時、彼の村が正体不明の一味による急襲に
遭い、多くの村人に加えてエバレットまでもさらわれてしまう。そこでデレー
は彼女たちを救うため、仲間と共に一味の跡を追うことに。そして彼らは、
獰猛な野獣との死闘など過酷な道程を経て、ある広大な文明の地へ辿り
着く。そこは巨大なピラミッドがそびえ立ち、何万もの人々が奴隷として休
むことなく働き、“大神(おおかみ)”と呼ばれる絶大な権力者によって完全
に支配されていた…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★☆☆☆☆ 1つ星


「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」の監督が、紀元前1万年の世界を舞台に、囚われの身となった愛する女性を救うべく冒険を繰り広げる若者たちの姿を描いた作品。出演は「スカイ・ハイ」のスティーヴン・ストレイト、「ストレンジャー・コール」のカミーラ・ベル。 

とにかく、ふんだんにCGが使われている。背景やマンモス(=マナク)など、一見してどこからどこまでCGか判らないところも。ヘリを使っているのか全てCGなのか、見分けがつかない。小物も凝っていて、小さなものまで作りこまれているのが分かる。


映画論 続き 続きを読む

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

SF/ファンタジー     | コメント:0 | トラックバック:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。