DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「もののけ姫」

もののけ姫
もののけ姫


原題      PRINCESS MONONOKE
製作国    日本
初公開年度 1997年
上映時間   133分
ジャンル   スタジオジブリ作品/アニメーション
受賞     日本アカデミー賞 (作品賞・協会特別賞 )
        ブルーリボン賞 (特別賞)
     
監督     宮崎駿
声優     松田洋治 (アシタカ)      小林薫 (ジコ坊)
        石田ゆり子 (サン/カヤ)    美輪明宏 (モロの君)
        田中裕子 (エボシ御前)    西村雅彦 (甲六)etc・・・
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより「タタリ神」と化した猪神から
呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、
西方の地で「タタラ」の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄
を造り続けていたが、それは同時に神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に、森を守るため戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は「もののけ姫」と呼ばれていた…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度   ★★★★★ 5つ星


自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿監督の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替えるほど大ヒットとなった作品で有名。
 
独特の世界観で、屋久島がモデルだけあって自然の美しさは際立っている。背景の書き込みもハンパない。一つひとつ、丁寧に描かれているのがよく分かる。
カット数が他作品より多く、より細やかな動きで躍動感がある。またCGを使って、人物をより立体的に見せ距離感を出すなど時代を先駆けていた。

率直な感想はと言うと・・・「良くできた作品」だと思う。脚本までオリジナルでここまで完成度が高い作品を仕上げた、宮崎監督はやっぱりすごいと思ってしまった。ファンタジーで、入り込みやすく、なおかつ矛盾がないものを作ろうと思うと、大変だから。


映画論 続き 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画

スタジオジブリ      | コメント:0 | トラックバック:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。