DVD-映画論

ようこそ!新旧の映画&DVDの批評や感想を、ポン太がマイペースに書いています。
(ネタバレあり)ちょっと辛口かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

「モーツァルトとクジラ」

モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラ
原題       MOZART AND THE WHALE
製作国      アメリカ
初公開年度   2007年
上映時間    94分
ジャンル     ラヴ・ストーリー


監督    ペッター・ネス
出演者   ジョシュ・ハートネット(ドナルド)  ゲイリー・コール(ウォーレス)
        ラダ・ミッチェル(イザベル)     シーラ・ケリー(ジャニス)
        ジョン・キャロル・リンチ(グレゴリー)etc・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一見普通の青年ドナルド。しかし、彼はアスペルガー症候群という障害を抱え、数字に関しては天才的な才能を持っていたが、数字に固執するあまり平穏な日常生活を営むことが出来ずにいた。それでも同じような障害を持つ仲間たちとサポートグループをつくり定期的に集会を開くなど、社会に適応できる力を付けようとがんばっていた。そこに新たなメンバーとして美容師のイザベラが参加する。思ったことをそのまま口にしてしまう自由奔放な彼女は、ドナルドとはまるで正反対の性格ながら、やはり同じように悩みを抱えていた。ドナルドはそんな彼女にたちまち魅了され、一方のイザベラも誠実なドナルドに好意を抱くようになるのだが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己評価度  ★★★☆☆ 3つ星


脚本は「レインマン」を手がけたロン・バス、ノルウェー人監督ペッター・ネスが映画化。本作のモデル、ジェリー・ニューポートも監修に参加。主演は「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」の人気俳優ジョシュ・ハートネットと「フォーン・ブース」「メリンダとメリンダ」「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル。

アスペルガー症候群(アスペルガー障害)を扱った数少ない希少な映画。まだあまり認知されていないこの障害を、世に知らせるいいきっかけになったかもしれない。しかし、あまり障害については深く掘り下げてはいない。入り込みやすくするためかもしれないが・・・。

映画論 続き 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

ラヴ・ストーリー     | コメント:0 | トラックバック:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。